Canon、IXY650のレビュー

どうも、阿久津(@kidney0202)です。

珍しく短い期間に2本更新です。書籍宣伝に向けて気合が入っているのかもしれません。本当は『レディ・プレイヤー1』とか『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』のレビューもしたかったのですけどね。

 

前回はガラホの契約とスマホ離れについて触れましたが、今回はそれによって増えた持ち物のレビューをします。第一弾となる今回はデジカメです。

 

元々はデジタル一眼レフ(以後デジイチ)を所有していた私ですが、出版社時代に激務のあまり使う余裕がなかったので手放してしまいました。今回はデジイチを買い直そうとも思ったのですが、スマホのカメラ機能の代替品を探していたので、それほど高スペックなものを求めていなかったというのが正直なところです。

 

家ご飯、外食問わず食事制限の関係上食べたものを記録しているのですが、その度にデジイチを出していたら続かないということもあり、最終的にコンデジを買うことにしました。コンデジを選ぶ上で重視したのは以下の点です。

・ある程度接写、夜景に強い

・軽量で携帯性に優れている

・国内メーカー品

・2万円以内

・スマホ以上の写り

カシオのコンデジと最後まで悩んだ末に、最終的にはCanonIXY650に軍配が上がりました。

 

CanonIXY650製品概要

http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/ixy/650/

妻の実家近くにある電気屋で購入したのですが、3日間限定キャンペーンで、SDカード16ギガとセットで購入しても1万6千円、三脚も付けましたが1万8千円でした。本体価格は1万5千円くらいだったのでかなり得でした。以下、同梱の付属品です。コンデジ自体初購入ですが、箱がかなり小さくて驚きました。

・本体

・充電器

・バッテリー一つ

・ハンドストラップ

・説明書、保証書

中に入っていたのは上記の物だけです。

バッテリー容量が不安だったので、中華産の非純正バッテリー(2個1400円)も購入しました。まだ一つしか使用していませんが、特に問題なく動作しています。コンデジ、もといカメラは電池持ちの面で不安がありますが、バッテリー3個体制なので一先ず大丈夫そうです。

IXY650を使用してみて

次に使用感のレビューです。デジイチもスマホの進化も体験しているのでコンデジに多くは求めないぞという気持ちで購入しましたが、値段の割には高性能なカメラでした。

 

F値はそれほどでもないので暗所の撮影や、暗めのお店で食べ物を撮るのには苦労しますが、百円均一のミニ三脚とセルフタイマー機能を組み合わせれば大きな問題にはなりません。ボケ味は撮り方次第ですけど、35ミリ単焦点レンズを付けたデジイチのような写りを求めなければ、これも無問題です。

 

接写の最短距離も短く、オートで撮っていればそれなりに写りは安定します。マニュアルでいじり倒す機体ではないですが、最低限楽しめます。長時間露光も15秒までは対応しているので、まだ試していませんが夜景撮影もやってみたいですね。ノイズが予想できますが、そこはスマホも相当酷いのでご愛嬌です。

 

動画も今は触る予定がないですが、コンデジフォーカスですからおまけ程度なんじゃないですかね。ただ撮影に関しては、スマホのデジタルズームとは違い光学ズームですから、寄れば寄るほどコンデジ有利です。

 

上位機種のコンデジやデジイチの入門機と比較しても厳しい部分はありますが、想定用途にマッチした写りですし、値段相応の活躍も期待できるので満足しています。

 

これを書いているのは購入から4日目、500回くらいしかシャッターを切っていない段階なので今後夜景や動画も試していきたいです。兎にも角にも、総評としては悪くないですし、人におすすめできるレベルの製品だと思います。流石Canon。

 

撮影サンプル

購入を検討する際の判断基準になるよう、最後は撮影サンプルで締めます。

 

 

あと1000回くらいシャッターを切って、もう少しこのカメラでの腕を上げます。

 

よしなに。