減塩で肉じゃがを作ってみた!

どうも、ぽえみ(@poetry05p)です。

本日もブログを更新して参ります。

 

前回の記事が予想以上に重くなってしまったので、今回は明るく書いていきたいと思いますよ!

常々落ち込まずに、深く考えすぎずに、軽く生きていきたいと思っているぽえみですが、常々落ち込んで、深く考えすぎて、重く生きている、そういう性質なので、それが文章にまで自然と現れてしまうところが

重症ですね。

というわけで、その時の気分によって記事の方向性がものすごいところに行ってしまうことも今後度々あるかと思いますが、明るいイラストでどうにかこうにかしていきたいと思います!

阿久津家の食卓事情

碧さん(@kidney0202)はけっこう食べ物の好き嫌いが多い人です。そして、今まで食べたことのない食材もけっこう多いです。

 

二人で暮らし始めてから、しそや冬瓜、みょうがなどを、彼は初めて口にしていました。

野菜は、玉ねぎやじゃがいもといった、キッズでもわりと食べられるような食材を好みます。先日、「肉じゃがが食べたいなあ」という意見をいただいたので、早速その晩のメニューは肉じゃがに。

 

基本的に我が家では、旦那さんが食べたいなあとつぶやいたものがその日の晩に出てきます。わたしはレシピを考え出すのが恐ろしく苦手なので、他の主婦さんにも言えることかもしれませんが、「◯◯を食べたい!」と指定されたほうが楽なのです。

人参・玉ねぎ・じゃがいもは常備。他にも、食材はまとめ買いをして、ある程度そろえているため、リクエストされたものはだいたいその日に作ることができます。

とっても簡単!減塩肉じゃがのレシピだよ

用意するもの

 

・お肉 100〜150グラム(我が家では豚肉が多いです)

・人参 1本

・玉ねぎ 1個

・じゃがいも 2個

 

・しらたきやこんにゃく ひとパック(お好みで。なくてもOK!)

 

・減塩醤油:我が家では「キッコーマン 減塩しょうゆ」を使用しています。 大さじ1と大さじ1/2

・みりん 大さじ1

・お酒 大さじ1

・だし汁:我が家では理研の「素材力 無添加本かつおだし」を使用しています。今回は、2.5グラムを水に溶かしています。 150ml

 

・サラダ油 適量

 

作り方

 

お肉、人参、玉ねぎ、じゃがいもは食べやすい大きさに切ります。我が家では、じゃがいものカリウムを減らすために下ごしらえとして一度茹でます。そうすることで調理時間も短縮できて、ホクホクしたじゃがいもになります。

サラダ油を熱した鍋で具材をすべて炒めます。

お肉の色が変わり、人参や玉ねぎが若干透き通ってきたら、だし汁、醤油、みりん、お酒の調味料をすべて入れます。

あとは中火で煮ます。グツグツ煮えてきたら、弱火にして味がしみ込むまで煮ます。この時、落し蓋をしておくとよく味がしみ込むので、減塩でもしっかりとした味付けに感じられます。

汁気がある程度飛んだら完成です。

 

このレシピの塩分はおよそ 2.2

※使用する調味料によって異なるので、上記の数字は目安です。

 

その日に食べても十分おいしいですが、一晩寝かしてもより味がしみておいしくなります。じゃがいもは野菜の中でも主張が激しい部類なので、薄味でもおいしく食べることができる、優秀な食材だとわたしは勝手に思っています。だし汁はわざと少なめにしてあるので、適宜具材を転がすように混ぜて全体に味をなじませてくださいね。

 

基本的に煮物は放置して作るので、ズボラなわたしの得意料理として幅を利かせています。

肉じゃがって、ご飯にかけるとおいしいですよね。ちょっとはしたないですけど。ふふふ。

ブログの借金を返し終わる前に年が明けないよう、せっせこせっせこ更新頑張ります。

 

次回は、ルーを使わない、簡単減塩シチューのレシピをご紹介します。

 

よしなに。